産業看護師求人ランキング >> クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストの業務

※看護師求人サイトランキングはコチラ

クリニカルスペシャリストとは、医療機器メーカーでのお仕事になります。別名、フィールドナース。セールスサポート、プロダクトスペシャリストなんて名称もありますね。メインの営業担当に同行して、自社製品を、クライアントである病院においてデモンストレーションしたり、メカニズムの説明をしたりして、医療関係者に正しく使ってもらうようにするお仕事です。

営業職になって、看護師の転職先としては、まったく畑違いな気がします。ですが、医療機器の販売促進には、これまでの看護師の経験を活かせられます。仕事内容は、大きく2つにわかれます。技術営業では、病院への販売を目的としています。アフターケアでは、医療機器販売後のトラブルや、疑問などに応じます。ときに医療機器フェアや学会の、展示会やセミナーで、多くの医療関係者に対して、デモンストレーション&説明する場合も。そうなってくると、モーターショーのコンパニオンみたいに華やかですが。

さらに、説明を聞いた医療関係者が購入出来る立場には、ありません。個人のクリニックならば別ですが。病院内での会議にかけて、承認を得てから初めて購入になります。そのプロセスがスムーズに運ぶように、医療関係者以外にも、かなりわかりやすく作成した提案資料が必要になってきます。この提案資料を、パソコンで作成するのも、大事な仕事です。病院だけでなくて、自社製品を代理店や販売店に大して説明&デモンストレーションする場合も。代理店の場合は、医療機器のセールスポイントをわかりやすく説明して、販売テクニックも教えます。

クリニカルスペシャリストに要求されるものは、上手なプレゼン能力です。医療関係者・医療関係者以外に自社製品を説明して、いいと納得してもらう必要があります。看護師の医療知識・臨床経験だけでは、無理があります。また、クライアントである医療機関は地方にも存在していますので、出張に対応できなければなりません。製薬会社などの営業と同じなので、普通免許も要ります。

外資系の医療機器メーカーはでは、英語力が要り、TOEIC750点以上とか、あります。医療機器メーカーが外資系か国内資本の会社か、医療機器の種類や企業の規模で社風・業務内容・要求される能力とも変わってくるので、事前の調査が必要です。採用されるためには、病気や怪我に関する、今までの知識や、医療機器を取り扱った経験をアピールするのがポイントになりますね。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!