CRA(臨床開発モニター)の業務

※看護師求人サイトランキングはコチラ

臨床開発モニターは、製薬会社で新薬の開発にプロセスに関わる仕事です。薬剤師の方が向いていそうですが、実は、看護師経験が活かせられます。医師・薬剤師・研究員が一つのチームなのです。それぞれが専門知識を生かした業務を担当するのです。極端には、看護師資格さえあれば、未経験でも採用される企業もあります。入社後は研修を受け、業務内容を勉強してから仕事に入るので、心配要りません。

業務内容は、モニタリングスケジュール作成をして治験のスケジュールに合わせて投薬したり、医薬品を管理したり、調査結果の報告書などの書類を作成したりします。治験実施医療機関の適格性評価をして医師を選択するという事も大切な仕事となります。治験実施側スタッフへの説明会・直接閲覧・SDV(原資料と の照合・検証)なども任される場合も。

臨床開発モニターの求人情報は、ハローワーク・求人情報誌などをを見ても、ありません。効率よく臨床開発モニターの求人を見つけ、転職したいのならば、非公開求人の充実した護師転職支援サイトで、臨床開発モニターの求人あれば、すぐにコンサルタントに連絡してもらうようにしておきましょう。臨床開発モニターの求人は非公開求人が多いのです。しかも臨床開発モニターの求人は、突然出ます。そうしないと、他の希望者で埋まってしまいます。

臨床開発モニターの魅力は、企業勤めという点。土日の週休2日制で、プライベートの時間が、ゆっくり取れます。病院の看護師は、夜勤をこなせば給料が良いですが、2交代3交代の勤務は、体力的にきついです。土日休みでないので、パートナーとの都合が合わなかったりします。臨床開発モニターも給料も期待が出来ます。年収は、400万から450万前後ですが、夜勤のない分、臨床開発モニターの方が労働対価に対する年収が良いと言えます。実際、看護師から、臨床開発モニターに転職する看護師が多いのですよ。

臨床開発モニターと似ているのに、クリニカルスペシャリストもあります。こちらは医療機器を扱い、営業的性格が強くなります。運転ができて、外を回るのが好きで、出張も辞さないのであれば、面白いかも知れません。対して、臨床開発モニターは、ほとんど社内の仕事です。どちらがいいかは、業務内容をよく見て、向いているかで決めるしかないでしょう。あるいは、ソーシャルネットワーキングシステムなどで、実際に働いている人の声を聞いてみるのもいいですよ。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!