CRC(治験コーディネーター)の業務

※看護師求人サイトランキングはコチラ

看護師の企業勤務という選択には、最近よく聞かれる医務室勤務のほかに、治験コーディネーターというものがあります。CRC、治験コーディネーターとは、治験実施施設で治験の仕事に関わる仕事です。質の高い治験を、倫理的な配慮の下に、科学的・適正に・円滑に進めなければなりません。そのために被験者と治験責任医師や製薬会社社員との調節をします。

仕事内容は、被験者へのインフォームドコンセントや同意説明、被験者の心のケア、採血などの被験者からデータをとる業務や治験に係わる事務、治験チーム内のスタッフの調整などです。症例報告書の作成に関わったり、治験前の打ち合わせに参加する場合も。治験コーディネーターには、治験業務範囲を限定して業務受託する場合と、治験の一連業務を受託する場合があります。

治験コーディネーター資格というものは、厳密には決まっていないですが、コメディカルすなわち看護師・薬剤師・臨床検査技師が、治験業務に携わります。医家用新薬の治験だけでなく、一般的な市販の薬の市販後臨床試験など、あらゆる臨床段階の臨床試験が増加。応じて試験コーディネーターも増えてきています。看護師の企業内医務室勤務よりも、求人の数が多い場合もあるので、検討してみては?場合によっては、衛生管理者の資格をとらないといけなかったりする企業内医務室勤務よりも、早く転職できるかもしれません。

とりわけ、被験者とのコミュニケーション能力が重要視されるので、看護師の経験のある治験コーディネーターが、一番いいみたいです。採血などの処置もできますし、体の症状に対する対応や被験者の異変・変化にも気づくという点もポイントが高いです。ほかの資格、薬剤師の治験コーディネーターには、薬剤の知識があるとか、特有の利点がありますがね。治験コーディネーターとして看護師が企業勤務する利点は、9時5時の会社員のように働けるのと、土日が休日になるといった点です。今まで病院看護師だった場合、夜勤がないというのは、かなり楽に感じられるのではないでしょうか?

看護師の治験コーディネーターの求人は、非公開求人が多数です。ですから、非公開求人の豊富な看護師転職支援サイトに登録しましょう。その上で、看護師の治験コーディネーターの求人あれば、すぐにコンサルタントに連絡してもらうようにしておいてください。看護師の治験コーディネーターは、新薬の登場などで、突発的に出たりします。そうしなければ、他の看護師で埋まってしまいます。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!