外資系企業で産業看護師として働きたい方へ

※看護師求人サイトランキングはコチラ

産業看護師の中でも、外資系に勤めたいという方が多くなってきています。では、外資系企業で看護師として働くに当たって、知っておくべきことは何でしょうか。そもそも、企業で働く看護師は、求人の数はそれほど多くありません。会社の中で医務室で勤務することになりますが、その上にさらに外資系の企業ともなると、その数はますます少なくなります。とは言え、例えば東京などは外国の企業の日本支社があるなど、一定の数はあります。何より、英語力が活かして、海外の本社への勤務なども可能になるなど、メリットの多い職場なので、志を持って思い切って目指してみるのもいいでしょう。

企業内で働く場合、例えば海外資本のIT系企業の医務室で勤務するといったものがありますが、それ以外にも、医療専門の企業に勤めるといった方法もあります。この場合、医療機器、製薬会社などで働くことになります。具体的な例をあげると、医療機器メーカーのフィールドナースがあります。これは、営業社員とともに業務にあたります。具体的な業務内容については、医療機器、薬品の説明、講習会の開催、展示会での業務などがあります。宣伝や営業といった面が強いですが、高い知識が必要な業務になるので、人気のある職種です。他にも、製薬関連企業で治験コーディネーターなどの業務をする方法もあります。

実際に就職を希望する人にとって気になることが一つあります。それは英語力です。これについては、求人を見るとTOEICなどの点数の目安をあげていることも多いです。点数を募集条件に掲げているところもあります。実際のところ、TOEICスコアよりも実務レベルでの英語でないと意味が無いですが、最低限の基準として設けているところが多いです。実際には採用後に研修を受けて、業務用の英語を学んでいくことになります。ですから、スコアが足りなくとも、日常会話ができるなどという人は、採用担当者と話し合えば応募できる可能性もあります。

また、看護師としてのスキルについては、経験があったほうがいいことは確かです。新卒で企業に採用される人もいますが、中途採用も盛んな職場です。そこで問われることは、医務室勤務ならば豊富な臨床経験、医療関連企業ならば豊富な知識になります。これらのスキルをアピールするには、転職サイトなどでエージェントに相談し、サポートをしてもらうといいでしょう。非公開求人で募集をかけているところも多く、専門の転職サイトを利用するメリットは多いです。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!