派遣の産業看護師求人をお探しの方へ

※看護師求人サイトランキングはコチラ

産業看護師の求人の中でも、派遣勤務という形態があります。実は、産業看護師で常勤で働いている人を見てみると、最初は派遣勤務から始めて、その後に常勤として登録された人が多くなっています。これには、看護師側からすれば、慣れない企業での勤務ということで、非常勤ならば不安が解消されるというメリットがあります。また、雇用する側からすれば、経験のない看護師を研修の意味を込めて非常勤採用する他、常勤の看護師を設置していないところも多いからです。健康診断などの時期にかけて募集をかける所は多く、未経験の看護師はまずはそこで働いてみて、経験を積んでから改めて常勤の求人に応募するということになります。非常勤とは言え、産業看護師の経験があると無いとでは、自分自身の不安が解消されることはもちろん、企業側も安心感があります。

実際に、企業で働いている看護師について見ていくと、その30%近くが非常勤、あるいは契約社員などの非正規雇用となっています。その一方で、常勤の職場は長期的に働く人が多く、なかなか欠員が出ないといった事情があります。結婚や出産を経て、長期的に働けるめどが立っている人なども多く、欠員が出るまで待つこともしばしばです。そのために、自然と派遣で働くことが多くなってくるのです。そして、何度か不定期に特定の企業で働いているうちに、常勤を勧められることもあります。いずれにしてもまずスタートは非常勤からというのがおすすめです。

非常勤となると気になるのは給与面でしょう。これについては、看護師全体で言えることですが、一般的な職種と比較すると時給は非常に高くなります。少なくとも1000円以上、2000円代も珍しくありません。また、中にはボーナスが支給される職場もあります。非常勤の場合、例えば仕事の無い日ができますが、その時は別の企業で働いてもいいですし、病院で働くこともできます。そう考えると、紹介先の多い大手の派遣企業に登録をした方が安定して仕事を得られるでしょう。

派遣については、登録だけならいつでもできます。登録だけしておいて、あとは自分で勤務日の希望を出せば、職場を紹介してもらえるシステムになっています。もちろん、たくさん働きたい人は週に何日も希望を出すことは可能です。登録をしておけば、専用サイトなどを通してどのような求人が出て来るか確認することができます。ネットで登録できるところも多いので、興味がある場合はとりあえず登録だけでもしておいてみましょう。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!