産業看護師求人ランキング >> 衛生管理者との違い

産業看護師と衛生管理者の違い

※看護師求人サイトランキングはコチラ

産業看護師は、実務経験のある看護師であればいいのです。看護師以外の資格は要りません。ただ、産業看護師は、ますます人気になってきています。当然競争率も高いゆえ、看護師資格にさらなる専門的な資格が必要になってきました。産業看護師への転職に有利な資格としては、保健師、衛生管理者、産業カウンセラーなどがあります。

保健師は、看護師資格取得者の場合は、看護学校卒業後、所定の養成課程で1年勉強して試験に合格すれば、取得できます。衛生管理者は、第一種・第二種衛生管理者・衛生工学衛生管理者の3種類があります。労働者の疾病予防や衛生環境改善、事業場衛生管理などに対する知識を持っているという証明になります。産業看護師への求職には、大きなプラスになるでしょう。

現実問題として、産業看護師の多くは保健師です。保健師資格を取得すると、第1種衛生管理者の資格が資格要件の中に含まれているのです。ゆえに、新たに取得をする必要がありません。看護師資格のみであると、産業看護師と認められるのに第1種衛生管理者の資格をとりのにが合格率6割のテストを受ける必要が。だから、産業看護師は、保健師が有利なのです。看護師資格のみならば、衛生管理者の資格を取っているとアピールできれば、産業看護師として採用される確立は高くなります。

そもそも、産業看護師の多くが、産業看護師としての実務経験が豊かな人とは限りません。未経者の採用を行っている企業も、多いのです。ですから、ここへ保健師もしくは衛生管理者の資格を示せれば、かなり有利。現地点で、企業看護師あるいは産業保健師として働いている看護師の前の職場は、多岐にわたります。病院・クリニック・保健所などの保健師など。加えて、求人を出している企業によっては、産業医が常駐している場合があります。そういう所であると、看護師資格だけではアウトで保健師・衛生管理者の資格が欲しいという条件はありません。企業側の条件は様々ですので、求人を出す意向は、異なります。それによって採用条件は変わってくるのです。

留意しなければならないのは、企業によって欲しい人材が異なるという点。ですので、看護師資格だけか?保健師・衛生管理者も持っているか?という以上に、向こう側の意向も確かめなければなりません。今までの経験は、医務室・保健室・企業内診療所・健康管理室となど、どういう名称の部署で求人が出ているか?で、看護師に要求されるものが、変わってくるのです。

産業看護師の募集先を探すならこのサイトがオススメ!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!