産業看護師求人ランキング >> 募集先探しの方法

産業看護師の募集先探しの方法

※看護師求人サイトランキングはコチラ

求人を探す前に転職斡旋を受ける動機をある程度鮮明にしアピールできるものが何かをよく考えておきます。企業で働きたい動機が自らの生活設計のためなのか、資格を生かした職場に転職したいのか、企業での医務看護や健康診断などの産業看護師の仕事がしたいのか、治験コーディネータなどの新領域の期待されている仕事をしたいのか。その辺のところをはっきりとさせておくのです。健康診断や医務看護の募集で、生活設計のためという理由は企業に就職するためにはあまり良いとはいえません。その場合は企業で働く別の理由を考える必要があります。

産業看護師の募集先にはいくつかあります。ハローワークを利用したり日本看護師協会の斡旋を利用したり、求人雑誌を利用する方法もありますが、一番一般的で力が入っているのは、転職斡旋サイトを利用することです。同じような求人の方法に見えますが求人企業やマッチングには違いがあり、よく踏まえておく必要があります。ハローワークで募集される看護師求人の数は少なくありません。求人先は病院・診療所から近年増えている老人関係施設まで多数あります。しかしハローワークの求人で、忘れてはならないのは登録制ということです。慢性的に人手不足だったり古い求人がいつまでも残っている場合には何らかの原因があることもあります。登録制ということは、労基署に問題を指摘された会社でも求人できます。また、日本看護師協会の斡旋は、協会に加入している看護師が中心です。加入している看護師は就業者の3割に留まります。

一方転職斡旋事業者の求人は、報酬の出し手である雇用事業者に対して弱い立場に立ちますが、転職斡旋サイトの評判も重要です。転職斡旋サイトを利用する施設は、ハローワークで募集する労働者よりもよい募集をすることができるというPRをし営業しています。ハローワークより経費のかさむ民間の転職斡旋事業者を利用する施設には、資金力があります。資金力があるため従業員の取り扱いには福利厚生などの待遇を充実させていることが少なくないのです。また、従業員の募集に際して高い志を聴きたがる傾向があります。

従業員として仕事をする求職者の立場からすると転職斡旋市場はやや特殊な業界です。転職斡旋市場での転職を成功させる鍵は、転職斡旋エージェントをその気にさせる、つまり転職の動機や高い職業意識やモチベーションをうまく伝え味方にすることにあります。新卒採用などでのミスマッチもよく似ていますが、エージェントを味方にし、業界の特殊性を理解し就職先が何を聞きたがっているかを理解することが重要です。エージェントを味方にしてミスマッチを埋める言葉を引き出し、雇用者を安心させることができるかどうかが転職斡旋市場での成功を導く秘訣なのです。このちょっとした特殊な状況さえ理解していれば、転職斡旋を成功に導くことは全然難しいことではないのです。

産業看護師の募集先を探すならこのサイトがオススメ!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!