産業看護師求人ランキング >> 面接対策・自己PR

産業看護師の面接対策・自己PR

※看護師求人サイトランキングはコチラ

産業看護師すなわち企業への転職活動は、病院への転職と比較して倍率が高い。ゆえにしっかり準備をしていってください。病院ならば、よほど常識はずれの人でない限り、まず採用されます。慢性的な人手不足が続いていて、ホームパージの目立つところに看護師募集とあるくらいですから。ですが、産業看護師の場合は、応募が殺到し、向こうがかなり、こちらを選ります。

履歴書だけではなく、経験した業務内容を書く職務経歴書は必須。産業看護師と、これまでの病院などとの業務の経歴を、不自然でないストーリーにつなげるのです。これが書き方のコツです。内科病棟での経験を活かして、貴社で従業員の健康管理に貢献したいという風に、まとめます。ほとんど看護師は、産業看護師の経験がないはずです。それでも、ポテンシャルが有るように書かないといけないのです。専門職ですから、産業看護師のために必要な経験が豊富であるかのように、脚色できればいいですね。ただし、やらせ、にはならないように。

清潔な身だしなみで、リクルート用のスーツが無難です。女性ならば、スカートの方が女性らしくていいでしょう。リクルート用のスーツは、黒が主流です。が、まれに黒が陰気くさい喪服のようになる女性もいます。その場合は、グレーやベージュの方が好印象でしょう。ナチュラルメイクで、金髪過ぎるヘアカラーは、控えましょう。靴は、手入れされたプレーンなパンプスがいいです。

面接では、今までの業務・退職理由・この企業を選んだ理由が主に聞かれます。気をつけたいのは、退職理由。人間関係・待遇のせいで、前職を退職した、と言うのが本当のところでしょう。が、それを言ってはいけません。まず、アウトになります。このような業務を体験したかった・スキルアップのため、とストーリーを作っておきましょう。話し方は、わかりやすい話し方をしてください。質問には、簡潔に結論を先に答えます。くどい、わかりにくい回答はマイナスポイントです。

面接のアドバイスや練習に非常に役に立ってくれるのが、看護師転職支援サイトです。履歴書・職務経歴書の書き方に加えて、産業看護師として採られやすい傾向なども教えてもらえます。倍率の高い産業看護師に、どうしてもなりたいのであれば、必ず登録しましょう。看護師転職支援サイトによっては、模擬面接を実施してくれるところもあります。やってみたほうが、あがらなくていいかもしれません。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!