産業看護師求人ランキング >> 就職の心構え

産業看護師の就職の心構え

※看護師求人サイトランキングはコチラ

企業で仕事をする看護師が増えています。企業で働く看護師も同じ資格で就職するのだから仕事内容や取り扱いは同じじゃないかな・・・そう考えるのは早計です。企業で働く看護師は病院や診療所で働く看護師とは違うこともたくさんあります。デメリットもそれなりにはあるものです。明確な動機を持って自己PRに努めるようにしましょう。事業所の中には介護施設なども含まれますが、ここでは介護施設の就職は医療・福祉施設として別に考えます。

企業の中でも産業看護師の採用は、十分なキャリアで望むべき求人と考えたほうがいいでしょう。中途採用だし、そうでなくても調整能力が必要なのです。医療施設の採用とは違いも多く、実際にはそうでなくても採用担当者は、定型化されたマンパワー労働を求めているのではない!、個人で判断できて自ら役割を探す人材を欲している!という建前を面接ではとって来ます。そういった個人の判断力のある求職者を転職エージェントにも見せつけることを心がける必要があります。

実際には欲しいのはマンパワーであったとしても、会社が欲しいのは理念の上では個人の有する資格や技術や経験です。長期の企業経営では欠かすことのできない観点なのです。客観的に証明できる資格や認定を受ける技術は、最も有利であるのはいつの時代も変わりません。企業はまず履歴書で資格をみます。ここであらかじめ、日本産業衛生学会の認定看護師として狭義の産業看護師の資格を持っていると非常に有利です。更にその前段階として第1種衛生管理者を持っているのもなかなかよいでしょう。次に会社は経験を見ます。履歴書の中の職歴で志望動機と一貫性があるかどうかを点検し、自分の会社で使えそうかをみます。求人倍率の高い看護師の場合ここは比較的比重軽めです。特別な採用をしているのではないので、やってきたことをしっかりと書ければいいです。

経験とこれからの仕事のマッチングは、企業で募集される産業看護の職種の違いによって大きく分かれます。産業看護の内容が伝統的な健康診断・維持・管理、医務看護の場合は、比較的資格の有無やキャリアが重要です。また、医務看護の仕事は生え抜きの新卒採用が多く、休日や残業を規則的に取れるという理由から福利厚生の面から人気があり、募集が少なく人が集まりやすい傾向があります。転職斡旋を受けるためには比較的ハードルが高めで、前職場での管理職経験などの十分なキャリアが望むべき求人と考えたほうがいいでしょう。管理職などは、企業の中でも老人保健施設では比較的若手を採用する場面が多いです。

一方、新領域に進出している事業や新興企業の場合にはキャリアの一貫性は問題になりません。代表的なのが治験コーディネータです。老人介護施設の募集する管理職も比較的前職を気にしない傾向があります。しかし、治験コーディネータの仕事は、現場での個別の協力者(CRC)や重度の患者さんという個別対応や看護業務を必要とするだけでなく、調整能力やマネージメント能力が要求される管理職であることも少なくありません。採用のハードルが低い場合でも、適正が不可欠であることを忘れはいけません。

産業看護師の求人探しならこのエージェントでの検索がオススメ!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!