産業看護師の給料

※看護師求人サイトランキングはコチラ

企業において特殊な権能を有する産業看護師。産業看護師はどういった待遇を受けるのでしょう。産業看護師の身分は病院や診療所の正職員ではなく、一般企業の従業員の扱いを受けます。総務課や福利厚生課の社員としての身分を持ち、待遇は一般の職員と同じになります。独立性は所属する産業看護部会によって担われている為に若干弱い点もありますが、経営の介入などトラブルが起きると、医療系の学会で大きく問題にされると社会的なサンクションを企業は受けることになります。会計監査人が報酬を所属企業からもらう為に独立性が弱いというのに似ています。

産業看護師は、大手企業には一人いる役職ですが、企業で働く看護師がすべて産業看護部会の認定を受けている認定看護師である必要はありません。認定産業看護師の場合は、資格者なので看護師にプラスして産業看護師としての資格手当てがある場合も多いようです。ヘルス・ケア産業の認定看護師は新卒の正社員を格上げして取得するケースが多いと思われ、中途採用の募集は事業拡大を果たす会社であるようです。資格手当てはある場合が多いようですが職場によりばらつきがあります。一般的には1つの資格手当てと管理職手当がつくようです。

一般の医療施設に勤める正職員の看護師と待遇の面で大きく違うのは、一般の医療施設の看護師が夜勤を前提にしているのに対し、企業に勤める産業看護師の場合、深夜業務は通常ほとんどありません。また土日が休みであるケースは多いです。その場合でも給料は一般従業員に準じて受けられるので、定期昇給をすることができます。ただし残業がなく休日出勤手当てもないので、給料以外での手当てが大きい医療施設の看護師よりは年収が若干下がる可能性もあります。

近年、転職斡旋市場で積極的に募集されている企業に勤める看護師として、治験コーディネータがあります。治験コーディネータは、製薬会社の下請け企業が新薬開発プロセスを大手製薬会社から受注し、治験を受ける被験者(CRC)の生体情報や個人情報を取り扱います。現場で被験者と接する機会も多く注射や点滴などの浸食的業務を含んでいたり、被験者の中に重度の患者さんが含まれている為に看護師が必要となるケースが増えてきています。こういった企業に勤める看護師は、従来の狭義の産業看護師には含まれないのですが産業看護師の一部の業務とみなされる傾向があり、通常の正社員であり同時に看護師としての資格手当てを受けることができ、看護師の経験者を募集することが多く管理能力が問われる中間管理職でもあるので、給与の面で通常の社員よりも優遇される傾向があります。

給料の良い産業看護師の求人ならこのサイトがオススメ!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!