企業医務室の業務

※看護師求人サイトランキングはコチラ

企業内医務室は、小中高校の保健室、大学の健康管理室に相当するところです。企業の規模などによって、配属される人員や職種は違ってきますが、産業医・看護師・保健師・臨床心理士などを配置し、従業員のケガや急病への対応、健康管理、職場環境の改善への助言を行います。春の健康診断シーズンは、従業員の診断データ管理や健康管理指導なども重要な仕事になります。

企業医務室の業務は大まかに説明できますが、現実は企業によって、相当に仕事内容が変わってくるようです。看護師の仕事に専念する企業、あるいは最近の企業医務室に多いメンタルヘルス・労働環境改善といった産業保健業務すべて仕事がある所など、様々です。とりわけ、最近急増している、うつ病や神経症などの心のケアに重きを置いている企業が増えてきています。そうしたところでは、看護師としてのスキルに加えて、コミュニケーションスキルが重要になってきますね。

病院とは別の、医務室特有の仕事もあるので、転職すると最初は試行錯誤でやっていくしかないでしょう。病院では患者様の健康への指導などは、医師がする場合が多いですが、企業医務室の場合、従業員に健康の指導をしなければいけません。また病院とは違って、一人で業務を行わないといけないところもあります。大変ですが、裁量があって、ある意味やりがいのある仕事です。それに、夜勤が無いので体力的に辛くなく、働き続けられる職場でしょうね。

産業保健業務全般になるところでは、産業看護・産業保健を専門的に、新たに勉強した看護師が求められます。ですので、産業看護師未経験でも、勉強した看護師の採用に積極的な企業が多いです。また就職後に企業側から業務に役立つ資格を取得させられるケースも。保健師を持っていないけど大丈夫か?など、不安な場合でも、何か講座を受けていたり、ポテンシャルを示せれば成功する場合が多いです。

企業医務室の求人を探すには、必ず看護師転職支援サイトに登録しましょう。実際、企業医務室の産業看護師の求人は、非公開求人がほとんどなのです。病院のようなに、求人広告にあるなんてケースは少ないです。ですので、できるだけ、非公開求人の充実した護師転職支援サイトで、医務室の産業看護師の求人あれば、すぐにコンサルタントにメールしてもらうようにしておいてください。医務室の産業看護師の求人は、突発的に出ます。そうしないと、他の候補者で埋まってしまいます。

産業看護師の募集先を探すならこのサイトがオススメ!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!