男性の産業看護師は多いのか!?

※看護師求人サイトランキングはコチラ

産業看護師になるためには、特に特殊なスキルは必要ありませんが、病院看護師とは違って一つの会社の社員のためだけに働きますので、よりきめ細かな対応が求められることがあります。また、看護師自体が女性の割合が多い職業ということもあって、男性の産業看護師の割合はそれほど高くありません。企業の方針にもよりますが、女性の看護師を積極的に採用することにしているケースが多いのも事実です。

産業看護師の業務は、単に社内で急病人が出たりけが人が出たりした時に対応するだけでなく、社員全体の健康状況を改善するために、啓もう活動を行ったり、社員食堂とコラボしてより健康的な生活習慣を送れるようにしたりします。こうした活動をするにあたっては、細かなところまで気が付く女性の方が良いという考えを持つ企業が多いため、全体としては男性よりも女性看護師の方が多いのです。また、女性社員の対応するときのことを考えると、やはり女性看護師に処置をしてもらった方が安心という事実もありますので、必然的に男性の産業看護師は少なくなってしまいます。

さらに、多くの会社では産業看護師が、身体的なケアをするだけでなく、精神的なケアも同時に行うようになっています。心の病を抱えていたり、仕事や人間関係についての悩みを抱えていたりする社員の相談に乗り、具体的な助けとなることができますので、産業看護師の働きはとても重要です。この分野においては、近い距離で相談に乗れる女性看護師の方が有利と考えるところも多いので、女性を優先して採用する会社が大半を占めるのです。

しかし、男性看護師であっても、しっかりとしたスキルを持ち、細かな対応ができるということを示せば採用の可能性もありますので、この分野にチャレンジしてみると良いでしょう。栄養学や精神的なケアについての知識や経験を持っていることなどを、履歴書や面接でしっかりとアピールするようにしましょう。また、親身になって笑顔でいつも対応できる人が好まれますので、良い印象を与えられるように、面接対策を事前に時間をかけてしっかりと行うことも重要です。それぞれの企業でどんなことを産業看護師に求めているかは若干異なりますので、転職活動を行う際に情報収集して、それに合った形で面接の受け答えができるようにしておくと良いでしょう。男性の方が産業看護師になる割合が少ないとはいえ、しっかりと自己PRをすることができれば、不利な点をカバーすることができるでしょう。

産業看護師の求人をお探しなら以下のサイトをご参考に!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!