産業看護師によくある悩み

※看護師求人サイトランキングはコチラ

産業看護師によくある悩みとしては、事務処理で躓いたということが挙げられます。臨床経験が豊富で、医療のスキルもいので意気揚々と入職したのはいいけれど、パソコンの知識がほとんどなかったことが業務を停滞させてしまったというのです。そもそも、社内に医務室や保健室などを開設している企業は、社員も多いことから社内連絡はインターネットのメールを介するのが一般的です。セキュリティーの観点から会社独自のソフトを使用しているところもありますので、一般的なパソコンの知識がないと苦労する人も多いようです。さらに、社員の健康診断の情報が全て電子カルテ化されていて、取扱い方が難しくて困ったという人も少なくありません。

企業内の勤務は定時で退社できますし夜勤もないことから特に家庭を持っている女性に人気の職場となっているのですが、医療関連の知識以外に必要とされるスキルが多いのが特徴です。そのため、現場での経験だけを持って面接に臨んだ結果、事務処理のテストで失敗して落ちた、という人も少なくありません。転職活動をしながらでも、勉強を進めるとよいでしょう。

この他、対するメンバーが社員に限定されているため、コミュニケーションに苦労をしている人もいます。健康相談に来た社員の話を聞いていたら、会社や上司の愚痴を聞かされたという人もいますし、家庭の悩みを聞かされたという人もいます。守秘義務がありますので、全て胸の内に抱えていなければならず、ストレスになっているという悩みもあるようです。ただし、会社の大小にかかわらず人間関係が全て円満な企業に勤められることはありませんので、それなりの覚悟は必要ということでしょう。また、最新の医療技術に触れる機会がほとんどなく看護師としてのスキルアップはできにくい職場なので、将来的に病院勤務に復帰しようと考えている人にとっては物足りなさを感じるという声もあります。

悩みは人によってさまざまありますが、産業看護師は継続して長期勤務をしている人も多いですし、欠員の募集があれば応募者が集中しますので、概して働きやすく人気のある職場と言えるでしょう。就職を希望するのであれば、豊富な求人案件がある就職紹介サイトに登録をすると確実に情報を入手することができます。看護師専用のサイトがあって無料で利用することができる上、転職に関して悩みや心配があっても担当のコーディネーターがサポートしてくれるのでスムーズに入職できるのが特徴です。

産業看護師に転職をお考えなら、まずはエージェントに相談しよう!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!