産業看護師の臨床経験

※看護師求人サイトランキングはコチラ

全ての就職活動においてポイントとなるのは、その職種に関する経験の有無です。特に転職者の場合には即戦力として期待されていることが多いので、募集条件として要経験を記載していることもあります。産業看護師の採用の際、臨床経験の有無においては、全くの新人を採用するケースは少ないといわれています。業務内容は職場において健康で働けるように指導や管理をすることで、体調不良だけでなく怪我への対応も求められます。そのため、デスクワーク主体か現場での作業主体かという企業のカラーによっても必要とされる知識は違ってきますが、現場でスムーズに職務を遂行するためには幅広い臨床経験があったほうがよいでしょう。

ただし、経験が豊富であれば即決で入職できるということでもありません。看護師は求人が常に多く現場では慢性的に不足しているのですが、これは一般的な夜勤や救急治療のある現場での勤務環境が関係しています。例えば理由として体力が続かずに体調を崩して離職する人や、家庭との両立ができないと退職する人がいます。そして、この2点をクリアできる職場として企業内の医務室や健康管理室があげられ、求職者が集中しやすくなっています。特例的に求人数が少ないのが産業看護師なです。

また、実務経験以外に必要とされているスキルに事務処理能力があります。医療知識には必要ないように感じるかもしれませんが、書類の電子化が促進されている現代では、カルテも電子化している事業所や医療機関が増えているので、パソコンが全く使えない、事務処理ができないという人では仕事になりません。また健康診断の通知や健康相談のお知らせなどもメールを介するのが一般的となっていますので、一斉メールやCC.、BC.メールが使えないと業務が停滞することにもなるのです。就職してから研修を受けられる会社もありますが、応募前に知識を修得しておくと有利です。

このようなことから、自力で就職や転職の活動をしても条件の良い仕事を見つけることは難しいと言えるでしょう。しかし、看護師の転職を全面的にサポートしているサイトを利用すれば、少ない求人案件にも優先的に応募することができます。登録や紹介において費用が発生することがなく、サイトの独自ルートで入手した求人案件がありますので、応募者が集中する確率が低いというメリットがあり、産業看護師の臨床経験の有無についての求人条件を気にすることなく仕事を探せます。

産業看護師に転職をお考えなら、まずはエージェントに相談しよう!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!