産業看護師求人ランキング >> 採用されるために

産業看護師で採用されるために

※看護師求人サイトランキングはコチラ

採用を目指して、実際の転職に沿ったアドバイスを始めましょ。転職斡旋サイトの多くでは、福利厚生のオプションをチェックボックスで条件付けできますね。この中の<夜勤なし>、<休日休み>の検索を厳密に絞ったことがありますか?この検索をすると企業求人が多くリスト化されることがわかります。クリニックも多数ありますが、まず多いのが株式会社の行う老人関係施設と訪問看護ステーションです。しかし転職斡旋サイトのこのリスト化で気をつけたいトリッキーなコツがあります。絶対注意してください!

転職斡旋サイトで転職者が企業の求人を募集する場合テクニックが必要です。大手転職斡旋サイトの設置しているリスト型検索システムには、企業求人を出すための選択肢というのはありません。看護師求人のほとんどが医療施設なためそういう性質になっています。企業求人が現れるスクリーニング方法は、<土日休み>や<残業なし>等チェック項目を入れることが多いです。その他、フリーワード検索で<株式会社>と入力する場合もありますが、有名企業に入社したい求職者は多数いても、株式会社かどうかで入社したい求職者はまずいないでしょう。

しかし<土日休み>や<残業なし>は、職務の内容ではなく待遇の一環です。ここにトリッキーな罠があることを忘れないようにしてください。求職者は福利厚生の充実した求人を捜して知らずに企業求人を出してしまうのです。離職率が高く女性が多いという職域。更に転職者が多数いる求人で、福利厚生だけに注目してスクリーニングする求職者が多いとどうなるか。企業担当者は、一般の医療施設と同じように求職者の個人的事情を説明され面接を受けることが多いですが、うんざりします。特に高収入の条件を合わせるとこの傾向が強くなります。福利厚生が充実しているという理由では一般企業は採用しにくい面があります。ここが非常にテクニカルな罠です。ミスマッチを生む原因になってしまいます。

こうしましょう。規則正しい定時の仕事は職務内容の大きなおまけと考えてみたらどうでしょうか?求職したい仕事が明確に企業の中にあり、その内容が自分の希望する職務にマッチするかどうかを求職条件にするのです。そんなときには、サイトに設定されているラジオボタンの択一選択や、チェックボックスの複数項目選択のような通常のスクリーニング機能はまったく役に立ちません。フリーワード検索で企業の求人をスクリーニングした上で、案件の一つ一つを自分があらかじめ考えている希望する仕事内容かどうかをつぶさに検討する気の長い取り組みが必要です。メールマガジンやRSSで、タグやフリーワード検索でスクリーンした結果を送信してくれる機能がある場合、更新された求人を即座に入手することができます。

また、転職斡旋サイトが面接に望む前にエージェントとの面接を準備しているケースでは面接の機会を積極的に利用します。転職の鍵はエージェントをその気にさせることです。エージェントを変えることもできるのでモノわかりが悪い場合には、自分と同年代で言葉にはしなくても境遇を理解しやすいエージェントと面接することが重要です。企業求人といっても看護師転職の職場は多数あるので、職場を選びすぎないことも大切です。

産業看護師への転職をサポート!コンサルタントがいるので安心!!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!