横浜市内の産業看護師求人情報を探す!

※看護師求人サイトランキングはコチラ

看護師が仕事を探す場合には勤務する地域によって求人数に格差があります。これは、居住する人口にある程度比例しており、開院している医療機関の数も関係しています。需要が多い職種なので売り手市場であると考えている人もいますが、このような点に着目しておくとさらに仕事を見つけやすくなります。

例えば、横浜市内の産業看護師求人情報を探す場合で考えると、横浜市は神奈川県の中でも広範囲ですし、大企業の本社や工場が林立している地域、中小の企業が密集しているビジネス地域、観光客が多く訪れる商業地域などかありますので、会社の中に医務室や健康管理室などを設けている企業が少なくありません。そのため、アプローチが正しければ確実に仕事に就くことができるでしょう。

とはいうものの、具体的にどのような仕事をするのかを理解しておく必要があります。国家資格を保有していることは前提となりますが、病棟勤務とは業務内容に違いがあるため、理解不足のまま入職すると大きな戸惑いを感じることもあります。主な業務は社員の健康の保持・向上に関わる指導や管理で、健康診断のスケジュールを組んだりもします。怪我や急な体調の変化には応急処置ができるスキルや場合によっては近隣の医療施設との連携をとることも稀にありますので医療の知識も必須です。

病棟勤務との大きな相違点は事務処理能力が求められることです。IT関連の企業に限らず事務処理はパソコンで行っている時代ですから、少なくとも基本的な操作ができなければ仕事になりません。そのため、どんなに医療に関する知識が豊富なベテランでも電子機器に対する苦手意識が高い人には向かない職場であると言えます。入職時には得意でなくても、自習してスキルアップをする意欲があれば問題はないでしょう。

特殊な例として国家資格の他に臨床経験が2年以上あり、第一種衛生管理者の資格があることと、日本産業衛生学会産業看護部会が実施している研修の基礎およびNコースを修了すれば登録産業看護師として学会に登録することができ、転職に際しては大きなアピールポイントにできます。

ただし、このような登録をしなくても業務内容を理解していれば、条件にあった横浜市内の産業看護師求人情報を探す方法があります。看護師の仕事に特化した転職紹介サイトに登録をすると仕事を見つけやすいです。無料で利用でき、条件も細かく設定できますので、複数のサイトに登録をして試してもよいでしょう。

産業看護師への転職をお考えなら、まずはコンサルタントに相談!


>>4〜5位を含むランキングはこちら!